お歳暮 お礼状

お礼状を出す意味について

お歳暮をもらった場合は、相手にお礼状を出すのがマナーです。これは、相手にお礼の気持ちを知らせる意味はもちろん、確実に届いたことを相手に報告する意味があるからです。

 

送っておいて音沙汰がないと相手も不安になる可能性があり、そのような事態は避けるべきです。一昔前までは封書で送るべきだと考えられていましたが、現在でははがきでお礼状を出すことも一般的になっています。メールでの報告は現代でも失礼な印象を与えかねないです。

 

お礼状を出すタイミングは?

お礼状を出す最適なタイミングは、もらったらすぐに出すことです。

 

お歳暮を頂いたらすぐに感謝の気持ちを伝えることが必要です。そのときには、電話で伝えるという方法もありますが、マナーとしては形に残るお礼状を出すのが正しいことです。

 

お礼状を出すタイミングを過ぎてしまったら?

 

大勢の人からお歳暮が届いて、対応が遅れてしまったということが起こってしまったとしましょう。そのようなとき、タイミングを逃したお礼状を出して良いものかというところが迷うところです。

 

もちろん、遅れてしまったとしても、何もしないでいる方が失礼なのです。ですので、遅れてしまってもお礼状は必ず出しましょう。そのときには、遅れたことに対して、お詫びの言葉を書いておくことです。あくまでもお詫びの言葉であって、言い訳風の文章にならないように注意しましょう。

 

お礼状を書く際に気を付けるべきことは何

まず、お歳暮を頂いた場合、必ずお礼状という形で、お礼の気持ちを相手に伝えてください。

 

お礼状は、お歳暮をもらったらすぐに出す必要があります。でも、お礼状を普段書き慣れていない場合、どんな風に書けばいいか迷う事になりますよね。でも、気をつけるべき点さえ抑えておけば、失敗する事はありません。

 

お礼状の内容は、他の人に読まれて困るような内容を書かないようにしなくてはなりませんので、内容を注意して書く事は必要です。お礼の気持ちで書いたお礼状が、逆に失礼になってもいけませんので、失礼がないようにくれぐれも気をつけてください。

 

他にお歳暮のお礼状で注意すべき点は、連名で相手の宛名を書く時には、様を一つしか書かないのは失礼です。それぞれに様をつけるようにしておきましょう。

 

お歳暮 お礼状の例文集